夏の季節は臭いがきつくなる。オリモノの悩み!

夏になると汗もかき、いろんな体の箇所に臭いが気になりますよね。
女性ですとオリモノの臭いも普段よりも気になってしまう人も多いのではないでしょうか。
そして他人に臭いと思われていないだろうかなど、過敏になってしまいます。

uidi
しかし、そういったデリケートゾーンの気になる臭いは、本人が感じているほど、他人は臭わないですし、感じないそうです。
確かに、他人のデリケートゾーンの臭いが気になったことは私も実際ないです。
しかし、本人は自分の臭いが気になるものです。

とくに夏は湿度も高くなり、汗をかいて下着が蒸れてしまい、膣の炎症を起こしやい環境を作ってしまったりします。
炎症してしまうと、オリモノの量も増えてしまい、また下着が蒸れ臭いの原因になってしまい悪循環です。
ではどうしたら臭いの予防になるのでしょうか?

オリモノの匂い予防は?

オリモノの量が増えて気持ち悪い時には、オリモノシートを利用し、こまめにオリモノシートを交換して清潔に保つことが大事です。
そして膣の炎症を起こさないように予防することがもtっとも重要です。

オリモノの量を増やさないように注意し、常に清潔に保つことで、気になる臭いのもとの発生を防ぐようにしましょう。
また、下着も汗をかいた日には、1日に何度か着替えたり、シャワーを浴びて全身の汗を流すようにしましょう。
体を清潔にする効果と、気持ちもリフレッシュできますし、

何より臭いを気にせず過ごすことができます。また他人へのエチケットにもなりますよね。
それでもすぐにシャワーを浴びれないときなど、気になる場合には太ももの内側や足首に香水をつけると、
自分自身も臭いに過敏にならず、気持ちに余裕が持てると思います。ぜひお試しください。

Read More

オリモノのニオイは遺伝するもの?

オリモノは頻繁にでています。
膣から出るたびに『でた』という感覚があるので常にオリモノシートを使っています。
さかも、香り付きの物を選んで使うようにしています。

hbahi

生理の前になると、量も増えてきます。
お風呂に入っていても、オリモノがプカプカと浮いてくることもあります。
なので、お風呂へはいるたびに膣の中まできれいに洗います。

大人になってからのオリモノ

大人になってオリモノのツンとした臭いはどこかでにおったことがある臭いだと気づきました。
昔、母親の膝枕をしてもらったときの臭いです。
母の膝枕は大好きでしたが、洗濯の香りと混じっていつもツンとした臭いがしていました。
今思うとオリモノの臭いだったのかもしれません。

bnsi

私はそれか気になって、彼氏が膝枕をして欲しいとおねだりがあっても、いつも嫌がっていました。

彼氏は不思議に思っているような表情を見せるので『膝枕はこそばいから苦手なの』と逃げていました。
自分としては、膝枕で膝がこそばくなるなんて、ないことなのですが、そう伝えるしか逃げる方法はありませんでした。

彼氏が変わり、膝枕をしてあげられる日があるのなら、『まずはお風呂に入って股をきれいに洗ってから』と考えようになりました。
しかし、私の気持ちに不安は残っていました。

ですので、お風呂に入った後、私の膝にタオルをひいて膝枕をするようにしていまし。
そこまでしないと、オリモノの臭いに不安があったし、この臭いで嫌われてしまったらイヤだなぁなど考えるほど、おちつきませんでした。
実際、タオルをしていても、不安は残っており、膝枕どころではありませんでした。

インターネットで、色々調べて本格的に対策をする事を決めました。
やはり調べると、色々な臭い対策のグッズも有るようで、少しだけ希望が持てました。
参考サイト http://xn--n8j7kyd7ctb1g2607d.com/

本当に改善する事を、心から祈るばかりです。

Read More

デリケートゾーンの匂い悩みを解決

デリケートゾーンの臭いはというと、現在はあまりないのですが、高校の頃にデリケートゾーンの臭いや痒みの事で悩んでいました。

特に生理になると臭いが酷くなっていってるように感じ、
その臭いが不快な臭いとして周囲に広がっているのではないか、と気になって仕方なかったですね。
デリケートゾーンの臭いの事はほとんど誰にも言えずに、一人で悩んでいました。

特に一番気になる時期では、夏の暑い時期であり、ただでさえ私は汗かきなのに、
自分の汗の臭いやデリケートゾーンの臭いが合わさったような感じの臭いがするのでは、とずっと気になっていました。

夏だと授業でプールがあり、授業の前に更衣室で水着に着替えるのですが、
下着を脱ぐ瞬間に、自分の臭いが広がったらとビクビクしながら着替えていました。幸いにも周囲に気づかれず、何とかやり過ごしました。

bhab

デリケートゾーンの臭いと同時に、痒くて痒くてたまりませんでした。人前でデリケートゾーンの部分を掻く訳には行かないので、
トイレの中等、他に誰もおらずに自分一人でいる時に、コッソリとデリケートゾーンを掻き毟っていました。

掻き毟ったのがいけなかったのか、デリケートゾーンの皮膚を傷つけてしまい、痛みを感じるようになりました。

デリケートゾーンの臭いの事で、周囲に不快な思いをして迷惑をかける訳にはいかないので、
お風呂に入って身体を洗う時(特に生理の時は)、デリケートゾーンの臭いを防ぐようにして、念入りに丁寧に洗いました。

丁寧にデリケートゾーンを洗う事を毎日行う事により、徐々に不快な臭いも弱まりました。

現在でも臭い対策として、デリケートゾーンを丁寧に洗い、常に清潔な状態にしています。

Read More

デリケートゾーン石鹸ランキング

デリケートゾーンの臭いが気になった経験は、女性なら誰でもあるのではないでしょうか。
私もその一人で、「他の人に感づかれていないだろうか」などと気になると、
精神的にもよくないなと思ったので何か対策をしたいと思うようになりました。

デリケートゾーン石鹸

デリケートゾーン石鹸

私が利用したのは、デリケートゾーンの臭いのケアができる石鹸です。
そういう女性特有のお悩み解消に使える石鹸がいろいろあったので、お手ごろ価格のものを購入してみました。
私の場合は常にそういった臭いが気になっていたわけではなかったですが、
そのようなデリケートゾーン石鹸を購入して利用してみたことで、
以前よりはデリケートゾーンの臭いが気になる頻度が減ったと思います。

あと私が購入した石鹸は、バストトップの黒ずみ解消とかにも使えるようなので、そういった使い方もしてみました。
バストトップの黒ずみのほうも、以前に比べれば薄くなってきたように感じます。
もともとそれほど濃い色ではなかったですけどね。

デリケートゾーンに使う石鹸は、やっぱり体に優しい成分でできているものが安心です。
私が購入したものは天然由来の成分が中心でしたし、
肌トラブルもなく安心して使い続けることができています。

女性のデリケートゾーンはどうしても汚れやすくなってしまうのかなと思うので、
もし少しでも気になることがあれば、
デリケートゾーン石鹸
などでケアをしていくと、いいと思います。

清潔にしておくことが大事なので、そのための石鹸選びはやっぱり重要だと思います。

Read More

デリケートゾーンの臭いの原因を知ろう

脇や足、頭皮など身体の色々なところから体臭は出てしまいます。
女性の体臭の悩みの1つにデリケートゾーンがあります。

女性の下着はしっかりと密着しており、素材によっては通気性が悪い物もあるのです。
そのため下着の中が蒸れてしまって臭いが出る場合があります。

また女性には生理があるので、生理用品をあてていると
さらに蒸れが起こり血液の臭いと混じって臭いが強く出てしまう事もあるのです。
他にも臭いがでる原因としてデリケートゾーンのムダ毛があります。

海外ではハイジニーナ脱毛といってデリケートゾーンの毛をすべて処理している人もおり、
このハイジニーナとは衛生的と言う言葉からきているように
ムダ毛があると不衛生になることもあるのです。

auvau

デリケートゾーンの臭い対策のためには、

  • 通気性の良い下着をつける
  • ムダ毛をできるだけ処理する
  • こまめに洗うなどがあげられます

また脇の下の臭いが強いことをワキガと言いますが、
デリケートゾーンにもワキガと同じ症状が出る場合があります。
原因は同じで臭いの原因はアポクリン腺という汗腺から出た汗に
雑菌が混ざることによって独特の臭いが出ます。

そのため蒸れて汗をかいてしまうと臭いが出てしまうので下着を変えたり、
シャワーを浴びるなどで対策ができます。
また臭いの原因であるアポクリン腺を取り除く手術を行うことによって治療することもできるのです。

他にも臭いの原因として食べ物の関係が大きいと言われており、
肉やチーズなど動物性タンパク質を多く食べると臭いが出やすくなると言われています。

Read More

デリケートゾーン臭いと病気

デリケートゾーンが臭いなと悩んでいる女性の皆さん、
ひょっとしたらそれは病気のサインかもしれません。

もちろん、病気とは関係なくただ雑菌のせいで臭っている場合もあるのですが、
ちょっと疑いをかけておいて損をすることはありません。

uyavbiy

例えば、おりものが出ると悪臭を感じる場合は
「子宮頸がん」や「トリコモナス」の可能性があります。

子宮頸がんは子宮頚部にできてしまうがんで、
トリコモナスは微生物の原虫の一種に感染することで発症してしまう病気です。

他にもおりものが強いニオイを発生している場合には
淋病」「細菌性膣炎」「カンジダ膣炎」といったものがあります。

いずれにせよ淋菌やカビの菌、他の雑菌が大量に発生してしまう事によって発生してしまう病気の事です。
さらにおりものが緑色になっているのなら「クラミジア」の可能性があります。

これもクラミジアトラコマチスという菌に感染することによって発症してしまう病気です。
とにかくデリケートゾーンの病気には菌がつきものである事がほとんどなのです。

下手すると家族やパートナーにこれらの病気を広げてしまう可能性があるので
少しでもニオイが気になったら一度病院に行ってみた方がいいかもしれません。

そして、こうした病気にならないようにするにはとにかくデリケートゾーンを清潔にしておくことです。
日頃から入浴の際に綺麗にデリケートゾーン石鹸などで、
丁寧に優しくデリケートゾーンを溝の部分まで汚れを落とすようにしておきましょう。

Read More